携帯メルマガで集客する飲食店のためのマーケティング

携帯メルマガの発行と運営時の注意点

携帯メールの発行と運営時の注意点

■注意点

 

短い期間ですが
実店舗にて携帯メルマガを運営する中で
いくつか気が付いた点がありますのでこの辺も書き残しておきます

 

もし参考になれば幸いです。

 

 

 

 

解除リンクを謝ってクリックする人が多い。

 

割引クーポンをなどを発行して
「クーポンページはコチラ」という感じのメールを送った際
メール文末の購読解除リンクもクーポンリンクだと思って
間違えて押す人が多いようです。

 

明らかに「購読解除」とか「解除リンク」と書いてあるのですが
つまりこれが「人は読んでいない」という典型的な例ですね。

 

 

携帯メールという非常に文字数の少ない、
極力簡潔に書かれた文章でさえ
人はまともに読んで理解する事が難しいという事です。

 

それを考えると
私のようなクソ長いメールを書いている場合
一体どれだけの勘違いを生んでいるのかを想像すると
ちょっと恐ろしくなりますね・・・

 

 

 

○解決方法

 

メールに解除リンクを設置せず
他の解除方法を考えても良いのですが
お客様と店舗の手間を考えるとこれは選び難いです。

 

私が現在
解除された方には解除通知のメールを送って
「謝って解除された方はこちらから再登録出来ます」と
空メール登録出来るURLを記載する方法を取っています。

 

登録や解除の記録を見ていると
解除した数分後に再登録している人が多いので
この方法はかなり有効だろうと思います。

 

これを利用している事により
現在の所、上記パン屋さんの場合
実解除率というのは1%程度しかありません。

 

 

 

 

携帯のドメイン指定解除をお願いする

 

最近は携帯の迷惑メールも深刻なようで
メール受信にドメイン指定を設定している人も多いです。

 

「パソコンからの送信は受信しない」という
携帯ドメインのみからの受信にしている人も多いそうで。

 

 

特に、ご年配の方というのは
ご家庭で家族の方などが設定をしてあげている場合も多く
「申し込んだにメールが届かない」と言われる例も少なくありません。

 

この点については
実際に携帯を借りて操作してあげるか
丁寧な説明書きを添えてご家族に渡して頂くようお願いするしかありません。

 

 

私なら
ご年配の方でどうしてもわかりにくい方には
メールではなく「電話」で伝えてあげると思いますけどね。

 

絶対にメールでなければならない理由はありませんし。

 

 

 

ご年配の方ならメールより

 

「こんちゃー!お母さん、今日ね、新製品のパン作ったけ
もしよかったら食べに来てや、良かったら買って帰ってー。」

 

って電話の方が喜ばれると思います。

 

これって
メール100通分以上の効果があるんじゃないかなーって思います。

 

 

 

あ、言っておきますが
年寄りのネットワークを舐めちゃいけませんよ。

 

全国レベルの流行は女子高生が生むのかどうか知りませんが
近所のレベルでは奥様や年寄りのネットワークの方がはるかに強いです。

 

 

 

これは花屋時代に痛感しました。

 

一時私が店長でいた店舗って
お客さんの99%くらいが女性で
しかも50台以上の方が圧倒的に多かったんですね。

 

 

お年を召した女性。

 

本当に強いんですよこれは。

 

もちろん商売の種類にもよりますが
こういう人を味方につけると無敵って感じました。

 

 

わかる人、わかりますよね?

 

 

特定電子メール法について理解しておく

 

詳しくは特定電子メール法についてをお読みください。

携帯メルマガの発行と運営時の注意点関連ページ

特定電子メール法について
携帯メルマガ(メールマガジン)を活用して集客する、小規模店舗(企業)のためのマーケティング講座

ホーム RSS購読 サイトマップ
無料メール講座 お問い合わせ マーケティングレポート 会社概要